top-image

仕事内容
WORKS

ソフトウェアとは

コンピュータは人間よりも速く、正確に計算することが出来ます。 ネットワークを介して情報を送ったり、受け取ったりすることも出来ます。 そのため、近年では私達の生活に欠かせない存在となってきました。 また、仕事の道具としても重要な役割を担っています。

しかし、コンピュータは人間の言葉を直接理解することは出来ません。 また、コンピュータがどんなに速く、正確に処理を行っても、 その結果を人間が理解出来なければ意味がありません。 そこで、人間とコンピュータの間を取り持つソフトウェアが必要となります。

ソフトウェアが行うのは、次のような役割です。

1. 人間の想いをコンピュータに伝える

ソフトウェアが人間の想いを、コンピュータの言葉に変換して伝えます。
(例)メール送信ボタンを押すとメール送信が実行される。 人間の想いをコンピュータに伝える

2. コンピュータの処理結果を人間に伝える

ソフトウェアがコンピュータの処理結果を、人間の言葉に変換して伝えます。
(例)メールの送信が完了すると、送信処理の結果が表示される。 コンピュータの処理結果を人間に伝える

ソフトウェアは人間とコンピュータの間を取り持つ、重要な役割を担っています。 人間がコンピュータと付き合っていく上で、欠かせない存在です。

ソフトウェア開発手順

ソリッドアーツでは、受託開発 という形態での開発を行っています。 受託開発は、以下のような流れで行われます。