CSR行動規範 Corporate Social Responsivility

目的

当社は企業としての社会的責任を全うすることで社会からの信頼を確固たるものにすることを宣言いたします。
そのため当社の役員、社員等が共通の価値観を持って行動するために行動規範を定めます。

基本姿勢

私たちは、常にソリッドアーツの一員としての自覚をもち、品位と社会的良識をわきまえて行動いたします。
また、ソフトウェアのプロフェッショナルとして、私たちの作るソフトウェアが社会に貢献するものであることを常に自覚し、 関連する法令、企業倫理および社内ルールを遵守して行動することにより、取引先や社会からの信頼に応えるよう努めます。

行動指針

1. 事業活動における指針

  • お客様にとって、より良い製品・サービスが提供できるよう常に心がけます。
  • お客様からの依頼や要請は、その目的を理解し誠実に行動いたします。
  • 開発する製品ならびにお客様へのサービスに対する優先度は品質を第一とし、納期、コストの順で行動いたします。

2. コンプライアンスの指針

  • 法令遵守を最優先に判断し行動いたします。
  • 法令や社内規程に違反する、あるいは違反につながる可能性があると思われる行為を見かけたときは、 社内外の通報窓口のいずれかに連絡し、お客様、株主および社員に迷惑が掛からないよう、 すばやい対処と適正な処置を行います。
  • 反社会的勢力との関係を遮断し、不適切な利益を供与することはいたしません。
  • 自らの知的財産権の保護に努めると同時に、他社の知的財産権の侵害に当たらないよう細心の注意を払います。
  • 守るべき情報と開示すべき情報を明確に区別して管理いたします。
  • 取引先との守秘すべき情報は厳重に管理し、不当に他者にもらしません。
  • 個人情報は、法令にもとづきその収集・利用・管理等を行い、情報の漏洩や不適切な利用等が起こらぬよう常に管理・行動いたします。
  • 社会的儀礼の範囲を越えた接待や贈答を行ったり、受けたりいたしません。

3. 職場環境の指針

  • 安全で健康な職場環境を維持するため社内ルールを整備・運用し、遵守いたします。
  • 会社および社員は計画的に勤務時間を管理し、過度な超過勤務の発生が予想されるときには、会社として関係者と調整を行い回避に努めます。
  • 社員の育成は重要な業務と認識し、自社のためだけではなく、社会のために役立つ人材を育成いたします。
  • 個人のプライバシーを尊重し、不当に侵害いたしません。
  • 性別・人種・年齢・国籍・宗教・信条・思想・疾病・身体的障害などの非合理な理由による差別は行いません。
  • セクシャルハラスメントやパワーハラスメントなど精神的な危害を加える恐れのある行為は行いません。

4. 社会・環境に関する指針

  • 私たちは企業ならびに個人として社会の一員であることを自覚し、事業活動を通じて地域社会に貢献いたします。
  • 私たちは地域社会における社会貢献活動に関心を持ち、積極的な参加に努めます。
  • 環境保全に関する法令、協定、業界指針等を遵守し、これを守ります。
  • 環境保全の大切さを認識し、自らの業務が環境に与える影響を十分に配慮いたします。
  • 省エネルギー、廃棄物のリデュース、リユース、リサイクルに努めます。

5. 情報開示の指針

  • 私たちの会社を正しく理解してもらうために、常に社会の利益を優先して適切な情報開示に努めます。